2012年01月31日

ドバイ旅行30 熱気球

DSC00116.JPG



約1時間の空の旅でした。

DSC00117.JPG


着地すると、なんだか馬が!

DSC00134.JPG
ものすごく着崩れしてるけど、念願だった「砂漠で着物」写真わーい(嬉しい顔)

DSC00132.JPG

DSC00140.JPG

DSC00139.JPG
このロゴ、ツボです。

ひもの先にデジカメが付いていて、空中でうまいこと撮れるようになってました。
お買い上げ! 70AED。焼いて、送ってくれます。もちろん日本までの送料込。
ちゃんと届きましたよ。でも、みんなのリクエストがあったので、メールでデータも送ってくれました。01_01_12BIGadpk.JPG



さて、ホテルへ帰ります。例の黄色ビルからタクシーで22AED(479円)。
10時ごろ部屋にたどり着きました。次の予定まで仮眠を取ります。


ドバイ旅行29 熱気球から初日の出を見る

このツアーはホットホリデーで予約しました。円になおすと、2人で41512円。

朝5時30分集合です。

早朝なのでタクシーを心配しましたが、ホテル前ですんなりひろうことができました。
指定場所は「ドバイ・フェスティバルシティー内Plug-insショップ前」です。

これがわからない・・・フェスティバルシティーというのは、モールではなくて、大型店舗が集まっている場所の総称なんですね。


「このあたりがフェスティバルシティーだけど、そのビルは知らない」 とドライバー。

たまたま出会った早朝掃除をしているグループの人に質問しても「そんなビル知らない」と。

ドライバーは「その辺で降ろしていい?」

いやいや、真っ暗だし、こんなところに降ろされても困ってしまいます。

で、早朝にもかかわらず、緊急連絡先に電話をすると、熱気球のパイロット ピーターさんでした。
ピーターさん、片言の日本語を話してくれます。

「黄色のビル。イケアの隣!」


なーんだ、イケアはさっき通ったよ。
DSC09972.JPG

とやっとこさ集合場所に到着しました。DSC09970.JPG
Plug-insって、電気屋さんでした。暗いので黄色のビルが見えなかったんです。。

タクシーのメーターは30AEDだったけど、迷惑かけたので40AED(872円)をお支払い。

集合時刻の5時30分までにはちょっと時間がありますけど、座るところも何にもないので、
こうして昨日の残りのサンドイッチをほうばります。
DSC09971.JPG

そうこうしている間に、他の参加者たちも車で集合。ピックアップ車も到着。1時間強、砂漠に向かって走ります。

DSC09979.JPG
この車です。

DSC09977.JPG

DSC09985.JPG

DSC09987.JPG

早朝の砂漠はとっても寒いです。私は着物の下にズボンをはいて参加しました。










DSC00005.JPG

DSC00011.JPG

DSC00019.JPG

DSC00029.JPG

DSC00043.JPG
パイロットのピーターさん。 とっても楽しい方です。

DSC00091.JPG

DSC00108.JPG




















ドバイ旅行28 カウントダウンの花火〜ホテル

20111231_235751.jpg

20111231_235926.jpg

20120101_000421.jpg

20120101_000519.jpg

20120101_000653.jpg

20120101_000742.jpg

花火は10分位。
あまりもビルが高いので、首が痛くなった10分間でしたが、とっても素晴らしい!

すごい迫力でした。どうやって、あの仕掛けをビルに取り付けているんでしょう?

でも、余韻に浸ることもそこそこに、帰らなければなりません。



タクシーは昨日でさえ40分待ち。今日なんて、並んでるだけで夜が明けそうです。
最寄駅のドバイモールは激混むだろうから、1個先の駅から乗ろうと計画しました。

が、なんだか道を間違えて、結局ドバイモール駅に続く人混みに入ってしまいました。
道路そのものが満員電車以上の混み具合です。そして痴漢! ドバイで痴漢にあうなんてね。
でも満員電車状態なので、どいつだかわからん! 2人に痴漢されました。腹立つ!

係員もいるんですが、群衆の方が多すぎて対応しきれていません。
とにかく圧死しないように気をつけるのみです。

それでもちょっとずつ進んでいくと、「ファミリーオンリー」と口々に叫んでいます。
さすがイスラム教。どうやら、女性・子供がいるグループ優先らしいです。

でもこの群衆の中、人混みをかき分けて前に出るのはかなり無理!。
それでも、周りのアラブ人? インド人?達は何とか通してくれようとしてます。
痴漢もいるけど、いい人もいっぱいです。

途中関所?が3,4か所もあり、その都度、男性グループはふるいおとされます。
やんちゃな男の子たちが無理やり通ろうとすると、スタッフが警棒で追い払ってました。

でやっと入場規制中のドバイモール駅へ到着。

これまた、混雑防止のために、エライ遠回りルートが駅の中に作られており、やっとこさ空いてる電車に乗り込みました。

通常、ドバイモールからドバイモール駅まで徒歩15分ほどかと思いますが、
2時間20分かけてやっと電車に乗れました。


収拾付かないので料金はただになってました。 そうそう、入場規制が強すぎて、電車自体はガラガラなんですふらふら

窓から見ると、道路も大渋滞! 動いてません。


イヤーホント大変でした。
もしまた見る機会があったら、どんなに宿泊代が高くても、ドバイモールから歩いて帰れるホテルに部屋を取ります!

もしくは、どっからでも見えるので、ドバイモールまで行かなくてもいいです。
実際、道路沿いのレストランやホテルが、広ーい歩道に、椅子やテーブルを出して、テラス席のようにしてましたし、テント仕立てのフード屋台などもいろいろ出てました。

人混みに押されることもないし、のんびりグラスを傾けながら遠くの花火を見るのもよさそうです。
まあ、人混みの中で目の前の巨大花火を見るのもいい体験だったけど…るんるん


さてさて、ホテル最寄りのアルカラマ駅から歩いてホテルに帰ってきたのは3時20分でした。
もう激しくくたくたです。

とりあえず即効寝ます。



1時間だけですけど…




なぜなら、数時間後の初日の出は熱気球から見るのですぴかぴか(新しい)

2012年01月30日

松井冬子と酔来軒

今日は相方さんは代休でお休み。

で、前売りを買って、いつ行こうかと楽しみにしていた松井冬子展に行ってきました。
http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/2011/matsuifuyuko/outline.html

2008年には静岡で展覧会があったんですが、遠くてさすがに行けませんでしたので、
横浜であるなんて、もう嬉しくてたまりませんでした。


2時間半、たっぷり観賞して、脳みそが疲れ切ったところでランチへ。

前から食べてみたかった、酔来軒です。
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1403/A140306/14011823/

平日の13時過ぎなのにほぼ満席。ちょうど空いていた席がありました。ラッキー!

iphone/image-20120130195723.png
相方の頼んだチャーシュー丼600円

iphone/image-20120130195746.png
これが酔来丼 なんと400円  ご飯がたっぷりです。

iphone/image-20120130195810.png
それぞれ200円で小ラーメンと、小ワンタンをつけました。
でも大きくてこれ「小サイズ?」って感じです。

美味しくて即効胃袋の中に。。辛子のパンチはきてるけど、スープはやさしい味でした。しょっぱすぎなくていいです。



今日の着物は、いつもあわせる帯に困る紬です。
これ、どう着こなせばいいんだろう・・・・
DSC02465.JPG

DSC02468.JPG



posted by aniy at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

ドバイ旅行27 ブルジュハリファのカウントダウン

124階から降りてきて19時前。でももうすごい人です。
DSC09935.JPG

DSC09937.JPG

DSC09938.JPG

DSC09939.JPG

DSC09941.JPG

DSC09943.JPG

どこかでゆっくり夕食を取ってから、場所取りの予定でしたが、変更です!
とにかく、席を確保しますあせあせ(飛び散る汗)

ちょうど車止めのポール周りが空いていました。
ポールの上に立てば、視線を遮るものはありません。
私が場所を取っている間に相方がスタバに買い出し。
飲み物2個とサンドイッチ2個79AED(1704円)

でもスタバも激混みで1時間帰ってきませんでした。
その間、2人分の場所確保に私も奮闘exclamation

DSC09949.JPG
ずっと奥まで人が続いています。

そんなつもりでは全くなかったんですが、母へのお土産に買ったクッションカバーが座布団代わりに役立ちました。
周りには、折りたたみ椅子持参の現地の人もわりといます。

とにかくひたすら待つのみです。ドバイモールは無料Wifiがあるのですが、すごい人なのでつながらなくなりました。
だんだん寒くなってきて手ぬぐいをマフラー代わりに首に巻きます。
20111231_224411.jpg

カウントダウンの音も聞こえないまま、始まりました!


車止めの上に立って撮りました。


こちらは別の一台で撮った方。






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。