2012年06月19日

最近の着物

6月13日DSC05223.JPG DSC05228.JPG 
帯はレースみたいにすけていて混紡と思われる物。2重太鼓の長さです。

6月14日DSC05229.JPG DSC05230.JPG
ちょっと透け感のある単。素材は不明なんですが、なんかシャリシャリしてるので、麻が入っているような気も…

6月18日DSC05235.JPG DSC05239.JPG 
本格的に夏物解禁しました。透け透けの白地。やっぱり下ごしらえには気を使います。

6月19日DSC05241.JPG DSC05243.JPG
浴衣も解禁! むしむしするし、台風だし。綿なら濡れても平気です。
これは綿絽。足元は2枚歯の下駄。今日がおろしたて!
なのに・・・・

DSC05263.JPG DSC05264.JPG 
会社で普通に歩いていたら、歯が折れました。根元からぽきっと・・・
うえーん。ボンドでひっつくかなあ・・・
posted by aniy at 21:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 着物コーディネイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

2012年GW 旅行記42 4月29日 初めてのグランドスイート! 

気がついたら14時近くになってました。。早速部屋を見に行きます黒ハート
なんてったって、生まれて初めてのグランドスイートです! 期待が高まります。
DSC05240.JPG
部屋番号は8506。右舷側で空いていたのはこの部屋だけだったので、コネクティングルームでしたが、悩むことなく予約したのです。

なんで、節約派の私がGSにしたかというと
http://kimonoseikatsu.seesaa.net/article/269966247.html
ここに記載してます。びっくりするほど安かったからなんです。
8泊で税、チップ込み2540.02ドル。もちろん二人分です。円高のせいもあって約20万でした。

20120429_133704.jpg 20120429_142832.jpg 

20120429_133749.jpg 20120429_134035.jpg 20120429_134045.jpg 
さすがに広いです。

20120429_133839.jpg 20120429_133846.jpg 20120429_133902.jpg 
バスルームも庶民の私たちには広すぎ・・・

バーカウンターも。20120429_134022.jpg 
左側の鏡の部分がクローゼットです。20120429_135939.jpg 

すごく手触りのいいバスローブも。20120429_133954.jpg 20120429_134000.jpg
クローゼットも広すぎ。

バルコニーも広いです。でも寝椅子がなかった。ベランダは広いんだから、寝椅子を1個ぐらい置いてほしいなあ。20120429_134213.jpg 

今回からやっと会員ランクがPLATINUMです。20120429_134412.jpg 20120429_134530.jpg 
GS特典やら、プラチナム特典やらいろいろ案内してくれてます。

20120429_134541.jpg 20120429_141231.jpg 20120429_141651.jpg 
テレビには入室時から、安全ビデオが流れてます。英語、ハングル、日本語。確か中国語やフランス語でも流れてた記憶があります。

20120429_141758.jpg
スピーカーもあったけど、私のiPhoneはほぼ電話としてのみ使用しているので、音楽はほとんど入っていないのです。。。こんなことなら、いろいろ入れてくれば良かった。。。

ウェルカムフルーツ。特にブドウがおいしかった。20120429_141918.jpg

湯沸かしポットはありましたが、コーヒーはなし。DSC03536.JPG
ティーパックのみDSC03535.JPG

隙間からのぞかせてもらった、お隣のオーナーズスイートのベランダ。
ふかふかベッドがうらやましいです。
50代ぐらいの品のいいおばさま二人組でした。
DSC03537.JPG

ベランダからの眺めDSC03538.JPG 

DSC03539.JPG 

DSC03541.JPG
クルーが出港準備をしています。

そうそう、今回のクルーズでは、スーツケースがすぐに届いたんです。
スイートだからなのか、単に船が小さいからなのかわかりませんが。

リバティ処女航海の時に、相方のスーツケースが行方不明になって、ダイニングにもショーにも行けなかったことがありました。
浴衣を着て、手荷物は水着という状態で乗船したので、どこにも行けず、仕方なくルームサービスで夕食をとったんです。今思えば、フォーマルじゃなかったから、浴衣でバフェに行ってもよかったと思いますが、
当時は浴衣だと失礼になると思ってました。

この処女航海では、スーツケースが部屋に届かない人が、もうそれはそれは大量にいて、受付は大混雑。
窓口になっていたカンファレンスセンターでは大騒ぎになってました。怒りまくってる白人もたくさんちっ(怒った顔)

結局、間違った部屋に届けられてるぽくて、間違っていると気づいた客が自発的に廊下に出さないと荷物は探しようがないということでした。
カンファレンスルームに、誰のか分からないスーツケースはまとめておくから、時々見に来て自分で持って帰れと。

ちゃんとタグも付けてたんですけどね。
で、1時間おきに行っても全然なくて、結局深夜1時に行ってみたら、相方のスーツケースが1個だけポツン。。。。と。

どうやら一番最後の行方不明荷物だったらしいです・・・・

という経験があるので、スーツケースが届いたことに一安心。
このリバティのクルーズでは、ダイニングのサーブもものすごく遅かったし(多分厨房が回ってなかった?)、
処女航海ということで、クルー同士がうまく連携取れてなかったんだろうと思い納得しましたけど。


さて、ベランダからは、あの回転橋? 旋回橋がよく見えます。


にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
にほんブログ村
posted by aniy at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 2012 英仏海峡クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

2012年GW 旅行記41 4月29日 船内散策 デッキ10

まだ部屋には入れないので、デッキ10を散策。
ジョギングトラック、チャイルドルーム、ゲームコーナー、ジム、ロッククライミングがあります。

20120429_132657.jpg 20120429_132721.jpg 20120429_132732.jpg 20120429_132834.jpg 20120429_132901.jpg 20120429_132914.jpg

20120429_133041.jpg 20120429_133443.jpg20120429_133503.jpg 20120429_133512.jpg 
ゲームコーナー

20120429_133534.jpg 20120429_133545.jpg
チャイルドルーム。

にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
にほんブログ村
posted by aniy at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 英仏海峡クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

2012年GW 旅行記40 4月29日  ツアーの値段

日本から、旅行会社のツアーで来られている方も多数いらっしゃるようで、2社の旗を見かけました。
GWド真ん中ですもんね。ほんとこのクルーズは日程が良かったです。

デザートも食べ終わったところで、添乗員付きのツアーだと、一体おいくらするんだろうとふと思い、調べてみました。

今回はグローバルデータをレンタルしていきました。なので、船内のネットは使用せず。
http://www.globaldata.jp/?agent=2601

20120510020258422.PNG 20120510020258503.PNG 20120510020258571.PNG 20120510020258638.PNG 20120510020258706.PNG 20120510020258782.PNG 
20120510020258855.PNG

代金 548000円
サーチャージ 34000円
寄港税・チップ 35300円
空港関係 5150円
合計  622450円
(リスボン、オスロのホテル付き)
(リスボン、ビーゴ、ブリュージュ、アムステルダム、オスロの観光付き)

関空発、トルコ航空利用、JSと違いはありますが、私たちの金額は以下。

クルーズ代金 101368円(GS チップ・税込)
航空券 132630円(ルフトハンザ サーチャージ等込み)
ビーゴ、ブルージュ、ポートランドの船会社のエクスカーション代  18474円
合計 252472円

私たちの金額には、ホテル代が入っていないし、クルーズの料金は変動制なので一概に比較はできませんが、それにしてもものすごい価格差です。(オスロのホテルはとても高いです。。。)
添乗員さんが付くと倍ぐらいになってます。

旅行会社のツアーだと、飛行機が遅延したり、港が急に変更になったりしても、
安心して添乗員さんに任せていられるので、楽チンでいいのですが、
ここまでの価格差があると、やはり、どんなにドキドキしようと、ハラハラしようと、
個人で行く方になっちゃいます。

もちろん旅行会社にも利益が必要ですから、この価格で全く問題ないと思いますが、
クルーズは、個人で行くと、ツアー代金よりもずいぶん安くできるということを書き留めておきます。

そういえば、アムステルダムで下船している日本の方もいらっしゃいました。
5月6日の終日航海と、5月7日のオスロを捨てるわけです。
でもそうして、5月5日(土)の飛行機で帰国すれば、5月7日(月)から休みなしで出社できるわけです。
なるほど・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
にほんブログ村
posted by aniy at 19:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 2012 英仏海峡クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

2012年GW 旅行記39 4月29日 ウィンジャマーでランチ

ウィンジャマーでお昼御飯をとります。

20120429_120946.jpg 20120429_120954.jpg 20120429_121000.jpg 20120429_121018.jpg 20120429_121041.jpg 20120429_121104.jpg 20120429_121116.jpg 

レジェンドも、ブリリアンスもバフェには日本語表記もありましたが、今回のヴィジョンにはなし。
DSC04821.JPG

20120510020257788.JPG 20120510020258034.JPG 

にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
にほんブログ村
posted by aniy at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 英仏海峡クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。