2012年05月16日

2012年GW 旅行記6 4月27日 コメルシオ広場

パウロさんのお店でゆっくりした後、コメルシオ広場を散策。
DSC03219.JPG 

DSC03220.JPG DSC03223.JPG 20120510020251425.JPG 

海の匂いがします。遠くにはクリストレイが見えます。
DSC03221.JPG 

橋あたりにはどこかのクルーズ船も見えてます。
DSC03224.JPG


さて、私、リスボンで行ってみたいところは、ファティマとロカ岬でした。

正直、ロカ岬はリスボンに行くことが決まってから知りましたあせあせ(飛び散る汗)
ユーラシア最西端だし、極東に住む日本人としては、これは行っとかなくてはぴかぴか(新しい)

で、ファティマです!

「ファティマの予言」って、小学生の頃、世界の不思議本かなんかで、「3つ目の予言は未だに秘密にされている!」なーんて、文章を読んだ時から頭からずっと離れなかったあの「ファティマ」です。

要は私にとって、「ファティマ」って、「ノストラダムスの大予言」と同じぐらい衝撃的な名前として脳内にインプットされたんです。だって、法王が3番目の予言を見て卒倒したって言うんだから子供心に気になって仕方がなかった。

結局2000年に、3番目の予言って、法王の暗殺未遂事件だったと発表がありましたけど。ほんとかな?
私はキリスト教徒でもないので、なーんだ、、、と思ったのでした。
詳しく知りたい人は検索するといろいろ出てきますよ。

で、ロカ岬とファティマ、タクシー1日貸し切りだといくらかなと、ペリカントラベルさんに事前に聞いたところ、

「専用車(セダン)+ドライバー(英語)の終日手配で340ユーロとなります。時間があれば、シントラにも同料金でお寄りできます」

という回答が。

うーん、、、、微妙に高いなあ・・・いや、貸し切りだから高くはないんだろうけど。
でも、泥棒市にも行きたいし、ベレンでタルトも食べたいし。
実質リスボンには二日しかいられないので、ロカ岬とファティマで1日潰れちゃうのはもったいない。
のんびりリスボンを満喫したいし。

と悩んだ結果、ファティマは落選となったのでした。相方はファティマに何の思い入れもなかったしね。

で、この数日の天気予報はいつも雨マークが付いているリスボン。
今のところ、晴れているので、まずはロカ岬に行ってみようと、カイスドソドレ駅でタクシーを拾います。

坊主でグラサン、革のジャケットで、見た目、すごい怖そうな兄ちゃんでしたけど、一番前に並んでいたタクシーだから仕方ない。こわごわロカ岬を指さすとオッケーとのこと。

結局この兄ちゃん、道中いろいろ説明してくれたり、お願いしてないのにロカ岬で率先してカメラマンをしてくれたり、いい人でしたわーい(嬉しい顔)

どうも道が2種類あるみたいで、どっちにする? と聞いてくれましたが、
海沿いの道でお願いしました。

でも案の定、途中では大雨に遭遇し、こんなんで岬に行っても何にも見えないよーと、心配しましたが、あっという間に晴れました晴れ

エストリル、カスカイス、ギンショの浜と、海がよく見える眺めのいい道が続きます。大西洋の波は荒いです。

そして兄ちゃん、結構飛ばします。最後のあたりは車には酔わない相方もちょっと酔いましたバッド(下向き矢印)

タクシーに張ってあった料金表。
DSC03226.JPG

にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村







posted by aniy at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 英仏海峡クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。