2012年05月23日

2012年GW 旅行記14 4月27日 エッグタルトの元祖 パスティスデベレンを食べる

修道院をたっぷりと見学後は、待ってましたのエッグタルト!

さっきのパスティスデベレンのお店に向かいます。
やっぱり混雑してます。

ガイドブックに「外に並んでいるのは、テイクアウトの列。テーブルで座って食べる場合は中に進むこと」
と記載がありましたが、とにかく人が多くて、イートインの列がわかりません。

きょろきょろしてたら、マダムが「ついてらっしゃい」
と、誘導してくれました。あー、この人もこれから食べるのかなと思い、ついて行ったら、奥の広いこと広いこと。
それでも、テーブルは満席でしたが。

この素敵なマダムは、すでに食事が終わって帰るところだったみたいで、私たちを奥まで案内してくれて帰って行きました。  ポルトガル人は親切です!ぴかぴか(新しい)

立って待っていたら、ほどなく席が空きました。まだテーブルの上は片付いてませんが、座って陣地を確保です。

広いし、混んでるし、スタッフのおじさんたちは独楽鼠のように動き回っているし、いやはや大変な混雑ぶりです。なんだか、香港の地元の人が通う昼時の点心屋さんの雰囲気です。
こういう雰囲気大好き! みんなワイワイやってるし、床もテーブルもゴミでいっぱい(苦笑) 
床はき掃除スタッフもいますが、人が多いし、みんなの足が邪魔だし、なかなか掃除できません。

おじさんにメニューを指さしてお願いして出てきたのがこちら。
DSC03315.JPG
エッグタルト4つ 4.2ユーロ、カフェオレ1.2ユーロ、ビッカ(エスプレッソ)0.75ユーロ

教科書通りにシナモンと粉砂糖を振りかけて食べます。
周りのパイはとてもさくっとしていて、中のクリームがトローリ。できたて熱々です。
そんなに甘くないので、いくらでも食べられそうです。

20120427_173543.jpg 20120427_173539.jpg 
1837年創業で、このクリームのレシピは今も3人しか知らない秘伝とか。

20年ほど前、香港で初めてエッグタルトを食べたとき、美味しくて感動しましたが、その元祖、ルーツがこの店だと思うと、非常に感慨深いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
にほんブログ村
posted by aniy at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 2012 英仏海峡クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エッグタルト美味しそうです〜。
最後に食べたのはいつだったか、思い出せないくらい昔のことのような...。

ユーロ圏なのに、あまりお値段が高くなさそうですね。これはうれしい発見です。

教会の写真は圧巻でしたー。素敵ですね。
Posted by みーな丸 at 2012年05月24日 05:18
ポルトガルはユーロ圏の中でも物価が安いので、ヨーロッパのバカンスシーズンには、とてもにぎわうそうです。

ユーロ圏の中ではギリシャの次に危ない? などとも聞きますが、まあ確かに、街はのんびりとしていて、、、、、

活気が感じられなかったともいえます。。。

Posted by aniy at 2012年05月24日 07:10
カステラの次は「エッグタルト」(><)こちらが本場だったのですか・・・。ローソンのしか知りません(;。;)
ホント、修道院など建築物がアジアのそれとはかなり違いますね! ヨーロッパ・・・1度は訪れたいです。
Posted by Ritsuko at 2012年05月29日 15:11
ローソンのエッグタルト、昨日食べました!これもおいしいですねー。

この老舗のエッグタルトはクリームがもっとトロントロンで、周りの皮が何重にもなってるパイ皮みたいでさくっさくなんです。

でもローソンのうちカフェシリーズ、おいしいですよね。「ぎゅっとクリームチーズ」が最近の好みです。
Posted by aniy at 2012年05月29日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。