2012年07月05日

7月1週目の着物

6月30日 DSC05298.JPG DSC05300.JPG
歯医者さんの日。「上方落語」ってところどころに隠れてる面白柄浴衣です。
骨董市で見つけた反物を母に仕立ててもらいました。

7月2日 DSC05301.JPG DSC05302.JPG
これは麻着物。でも暑いものは暑いです。

7月3日 DSC05306.JPG DSC05307.JPG
雨が降ってきたので、濡れてもへっちゃら、浴衣で仕事に。
これは珍しく仕立て上がりを2000円で購入したもの。綿麻です。
なので、裄が68センチぐらいで私には長いんですが、ミシン仕立てで気兼ねなく洗濯機で洗えるので便利です。

7月4日 DSC05308.JPG DSC05310.JPG
骨董市物を洗い張りして仕立て直した絹の絽。下は化繊の長襦袢にしました。
でもでも・・・・

化繊も洗うと縮みます?
なんだか、襦袢の袖丈が短くなっていてもうやだ〜(悲しい顔)着物の振りから出てきちゃう…
麻の長襦袢も洗うと縮むし、、、困ったなあ。。。

7月5日 DSC05312.JPG DSC05313.JPG
これは化繊の絽。頂き物を母が仕立て直してくれました。

今日は暑くて今年初めてエアコンを入れました。着替える時は入れないと汗だくになってしまう季節がとうとうやってきてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

確かに麻は風が通るので、絹や化繊に比べると多少は涼しいですが、でもやっぱり汗はかきます。
腰回りなんて、帯で何重にも布が巻いてあるわけだし。

化繊はまとわりついて暑いといいますが、私は絹との違いはそう感じません。
と言っても、暑いのは家から徒歩10分程度の会社の往復時だけなので、あまり違いがわからないのかもしれません。

私の夏の長襦袢は麻か、化繊のどちらかです。
絹なんて家で洗えないし、不経済この上ないので。。。

別の方法としては、まず美容襟をつけて、その上から袖あり浴衣下、さらにその上から裾除けを着用します。
これで、白地の夏物でもほぼ透けません。まあ細かく言うときりがないですが…

お袖はあらかじめ着物の袖丈にピッタリのものをじかに縫い付けてます。
いわゆるつけ袖が着物にひっついている状態です。

浴衣下の袖があるので、つけ袖自体はそう汚れないと思います。
なので、帰宅したら、美容襟、袖あり浴衣下、裾除けをまとめて洗濯かごへ直行するわけです。

化繊の長襦袢も母に作ってもらいましたが、やはり洗濯すると袖が縮んでるんですよね。
麻の長襦袢も洗うと袖が縮むし。。。。
ひょっとして今の最先端の反物を買えばそんなことはないのでしょうか?

骨董市で麻の襦袢用反物を1反2000円とかでゲットしたものを数枚母に仕立ててもらいましたが、
どれも洗うと3センチほどは縮みましたもうやだ〜(悲しい顔)

夏物を着る方って、下ごしらえは本当にどうしてるのか知りたいものです。

posted by aniy at 19:41| Comment(7) | TrackBack(0) | 着物コーディネイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりに来ました(^^)梅雨でうっとうしいのと、私も旅行を真剣に検討していてパソコンする時間が無かった(^^;)
2日の帯は「わんこ」ですか?「きつね」のようにもみえますが。 白いきものは、涼しそうです。でも、確かに暑いですよね。今の湿度を考えると、昔の人はどうしていたのかと思います(あせもできますよね(^^;)それとも、昔はここまで蒸さなかったのかしら(^^) また、旅行記も読みにきますね。
Posted by Ritsuko at 2012年07月07日 13:23
暑くなってきましたねー。

次回はどちらへ? 旅行の予定を立てるのって、とっても楽しいですよね。

私は今年の夏はまだ未定なんです。どうしましょうかね。

2日の帯は、犬の帯が欲しくてヤフオクを覗いていたら、見つけた物です。新品の正絹反物なのに、あまりにも安くて落札しました。
3年前のことですが、なんと3000円でした!

確かにキツネにも見えるんですけど、まあ気分としては犬ってことで(苦笑)たまには馬にも見えます。

正絹と記載がありましたが、張りがありすぎて、納まりの悪い帯です。化繊が交じってる気もしますが、ベージュで合わせやすいので重宝してます。

多分江戸時代はこんなに暑くはなかったのだと思います。私も夏は帰宅すると即効脱ぎます。 今年の夏はどこまで暑くなるのか、、、、

Posted by aniy at 2012年07月07日 13:55
化繊もちじむのですか?
麻や正絹も洗い方でほぼ同寸維持できますよ!
私は夏の正絹、絽の長襦袢は仕立前に水を通し
ある程度の詰まらせた上で仕立てをいたします。
以後、水で洗いますが大丈夫ですよ。
絹の洋服もブラウスやパンツなども、水洗いしますが大丈夫ですよ。
洗い方によってチジミ・シワもあまり作りません。
全自動洗濯機では絞りの時にこれらを発生させますので、脱水はごく短時間でいたします。
絹も洗い方しだいで気軽に着ることができると思います。
Posted by きもの工房 at 2012年07月19日 12:47
きもの工房様、反物によるのでしょうか?

測ってみたら、化繊の長襦袢、49センチで作ったのに、1.5センチ縮んでました。なんででしょう?

母にスカイプで確認しながら、初めて自分で袖丈を直してみるつもりです。

絹の単衣の古着なんかは手洗いするんですが、紬のせいかそう縮んでませんね。

奥が深いです・・・・

そしてもう暑すぎて、長襦袢なんて着れません。。。浴衣オンリーになってしまいました(苦笑)
Posted by aniy at 2012年07月19日 19:38
化繊で1.5CM縮んだのですか!
化繊と言ってもポリエステルではなくて
アセテートではないでしょうか?
アセテートは厄介な生地で、シワになりやすく
また、洗い方で縮んで仕舞うのです。
後、ベンベルグ・レーヨンも縮無ものがあります。

私はもっぱら、古着の絽長襦袢を解いて、自分で袖だけ縫っています。
単衣なら簡単に縫えますよ。
最低3枚分の袖が取れますので、着物それぞれに取り付けています。

昨年夏の上海蘇州7泊8日を着物で歩きました
連日35℃以上でしたが、洋服より風が通り抜けてくれ、あまり不自由はいたしませんでした。

今年の夏は韓国に行きますが、旅支度は何にしようかと悩んでいます。
8月の韓国は雨が多いとか?
最初と最後の泊まる場所と行く場所だけ決まりましたが、中3日をどこに行こうか迷っています。

韓国をご存知でしたら教えて下さい。
私たちは始めての韓国です。
Posted by きもの工房 at 2012年07月20日 15:42
家に転がっていた反物だったので、素材がわかりませんが、勉強になりました。ありがとうございます。


韓国はソウルですか? プサンですか?

ソウルは12年前に1回、
プサンは2002年と、2010年に行きました。

ソウルだと、布市場「広蔵市場」が面白かったです。母がポジャギ用にいろいろ買いこみました。

出張で30回は韓国訪問している相方のお勧めは「ナンタ」だそうです。

ご参考までに・・・・
Posted by aniy at 2012年07月21日 12:30
ソウルと釜山にいらしたのですね。
私は始めての韓国ですから、ソウルを中心に
東海地方に真ん中あたりで小旅行をしようかと思っています。
最初の一泊目を、三成近くのレジデンスにしました。
翌日から地方にと思ったのですが、日程の都合で二日目に板門店の見学を入れました。
二日目も連泊と思ったら、同じレジデンスは
もう満員でした。
それで少し離れた場所に、ヒルトン系のレジデンスを見つけ二泊予約。
善旌のアウラジで、レールバイクで遊んで
江陵〜三陟の海岸列車で景観を楽しんでこようと思います。
このあたりでの宿泊は、あまりネットでも見つけにくいので、現地で見つけようと思います。

最後の二泊は、またソウルの戻り、ゲストハウスに日本の民宿的な感じのようですので、フレンドリーな時をもてるかもしれません。

あれこれ行きたい所だらけですが、7日くらいの日程では無理ですね!
再訪を期待し欲張らないで動こうと思います。
ポジャギも欲しいので、広蔵市場入ってみます。情報ありがとうございました。
Posted by きもの工房 at 2012年08月06日 12:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。